機能とサービス

Legal Sign(リーガルサイン)は
全ての機能を
月額料金内で
ご利用いただけます。

  • クラウド上で契約締結

    クラウド上で契約締結

    ブラウザ上で電子締結が可能です。
    専用ソフトは必要ありません。

  • 電子時刻証明書(認定タイムスタンプ)

    電子時刻証明書
    (認定タイムスタンプ)

    一般財団法人日本データ通信協会認定のタイムスタンプが自動付与されます。

  • デジタル印鑑作成

    デジタル印鑑作成

    初めての方でも大丈夫。
    ブラウザ上で簡単にデジタル印鑑の作成が可能です。

  • 3社間契約

    3社間契約

    複数社間の契約書、合意書の作成にも対応。3社間以上でも作成可能です。

  • 書類の有効期限設定

    書類の有効期限設定

    書類の締結有効期限を最大90日まで設定できます。

  • 合意締結証明書の発行

    合意締結証明書
    の発行

    Global Signとタイムスタンプにより合意締結された証明書の発行が可能です。

  • リマインド機能

    リマインド機能

    7日後に送付先に締結をしていない旨をメールにて通知し締結漏れを防止します。

  • PDFアップロード

    PDFアップロード

    PDFファイルの書類をドラッグ&ドロップで簡単にアップロードができます。

  • 電子証明書・認証機能

    電子証明書・
    認証機能

    実績のあるGlobal Signを採用。事象の存在・電子データの完全性を証明します。

  • 契約書の保管・検索

    契約書の
    保管・検索

    締結した契約書を一元管理。条件で検索することができます。

  • メール署名依頼

    メール署名依頼

    メールアドレス宛に電子締結のURLを送信し、スマホからでも締結が可能です。

社内ガバナンスの強化に
必要な機能
も充実。

  • 押印ワークフロー

    押印ワークフロー

    各社に合わせたワークフローを自由設計可能。ガバナンス強化に寄与します。

  • 押印権限・ 閲覧権限

    押印権限・
    閲覧権限

    ユーザーごとに権限を任意で設定可能。セキュリティ上も安心して利用できます。

  • アカウント数無制限

    アカウント数無制限

    各拠点ごとに複数人が利用する場合でも制限なくユーザー登録が可能です。

  • 進行状況の確認

    進行状況の確認

    契約締結の進捗を一目に一覧で確認でき、締結漏れの予防に寄与します。

  • ユーザーのログイン制限

    ユーザーの
    ログイン制限

    退職者が発生しても安心。 簡単にログイン制限をON,OFFができます。

  • 紙の契約書も\n一元管理

    紙の契約書も
    一元管理

    電子契約に限らず、PDF化したデータを一元管理することができます。

Legal Sign(リーガルサイン)は
「契約書」だけではありません。
あらゆる書類の
電子化を可能にします。

  • 一般的文書
    取引基本契約
    秘密保持契約書
    業務委託契約書
    売買契約書
    請負契約書
    個人情報取扱同意書
  • 人事・労務
    労働条件通知書
    雇用契約書
    内定通知書
    身元保証書
    入社誓約書
    同意書
  • 商取引
    フランチャイズ契約書
    営業許可契約書
    代理店契約書
    特約店契約書
  • 営業・管理
    取引基本契約書
    サービス利用申込書
    注文書/注文請書
    請求書
    領収書
    保守契約書
  • 不動産売買賃貸借
    駐車場仕様契約書
    土地賃貸契約書
    土地売買契約書
    建物売買契約書
  • 金銭賃貸借債権譲渡
    金銭消費賃貸借契約書
    金銭借用書
    金銭信託契約書
    債権譲渡契約書
    債権譲渡通知書

機能を活用した企業様の
課題解決事例を
ご紹介いたします。

  • 確実な証拠として法的に有効か心配…
  • 会社と事業の成長も考慮し、長期的な利用を前提に選定したい…
  • 契約頻度は少なめでも、いざという時必要な分だけのコストで使用したい

全て、で解決できます。

Legal Sign(リーガルサイン)なら
導入・運用のサポートも充実。
多様なサポート体制で導入・運用を
無料でサポートいたします。

電話 メール ビデオ通話 訪問 チャット

機能とサービスについての
よくあるご質問

電子契約はセキュリティ的に大丈夫でしょうか?
Legal Sign(リーガルサイン)では大切なお客様の情報をお守りするため、全ての通信のセキュリティ対策を万全に行っております。
情報の漏洩、改ざん、なりすましの防止のため、暗号化した通信、ファイアウォールなどのセキュリティ対策を標準実施しています。
また、ガバナンス強化のため、ワークフロー機能、ログイン制限機能、ユーザー権限機能など充実したセキュリティ対策機能を標準搭載しています。
電子契約に法的効力はあるのでしょうか?
Legal Sign(リーガルサイン)で利用される電子署名は押印と同様の法的な証拠力があります。
電子署名法の第3条では「本人による電子署名が行われているときは、真正に成立したものと推定する。」と定義されているように、Legal Sign(リーガルサイン)の電子署名は実績のあるGlobal Signの電子証明書・認証機能と国際標準規格「RFC3161」にも準拠したタイムスタンプで電子データの真正性を法的にも証明可能。
「いつ・誰が・何をしたか」を記録し、改ざんを防止します。

導入をお考えの方
申し込みは簡単ステップ